自由な人生を送るために今できること ー m a k i m o n o

40代からの資産形成。仕事や子育て。猫。ハムスター。格安SIM、つみたてNISAなどなど。

引越しの見積もり料金を下げる方法

こんにちは、マキモノです。


3月に入り、新生活の準備に入っている方もいらっしゃると思います。
引越しのシーズンでもありますけど、引越し難民の問題は大変ですね。
私の姪も遠方の大学に行くため、引越し出来るのかおばちゃん心配です。

◆引越しが決まる

さて、我が家は昨年の4月に関東から関西に引越してきました。

引越し難民にはならずに済んだのですが、シーズンだからか、べらぼうに高い金額を提示されて本当に困りました…

◆見積もりにきてもらう【ア○さん】

2月頃から引越し屋さんを検討して、夫が何となく『ア○さん』が安い割に良さそう、というので見積もりに来てもらいました。


それで来た営業さん、なんだか態度が大きい男性で嫌な予感がしました。夫が嫌いなタイプでしたので。


子供の学校の関係もあり3月末にしたい旨を伝え、提示された金額がなんと60万強!
いやいやいや、高すぎでしょう?と言ったら、「他の業者さんどこも70万くらい言われますよ?聞いていただいてもいいですよ?」と強気の姿勢。


営業の人が帰った後、夫と話し合い、あの営業の態度も気に入らなかったし、別の業者に見積もりしてもらおう、という事になりました。

◆見積もりにきてもらう【アート】

たまたま近くに『アート引越しセンター』の営業所があったので、電話したらすぐに来てくれました。


そこで、来てくれた営業さんが、なんとも初々しい感じの女性の方。
とても一生懸命で好印象。


ア○さんと同じように3月末の引越しと伝えると、返ってきた見積もりが65万円強!
あーあーア○さんが言ってたの本当だったわー…


◆料金交渉!

だけど、営業さんかわいいし(笑)、アート引越しセンターはサービスも行き届いてる、大手だから安心感がある。
だから、なんとか安くしたい!

てことで、値切って値切って、
なんと、43万円まで下げてもらいました!


ポイントは
・4月の2週目の平日にすると格段に値段が下がる。
・即決する事を条件に値切る。


4月の2週目の平日、子供の学校の始業の前日でした…バタバタだったけど安く済ませるためにはそれしかなかった感じですね。

それでもオフシーズンの2倍の料金みたいですけどね…トホホ


他にもいい業者あるかもしれないので、
こんな見積もり申し込みもあります。↓






それでは、また明日。