自由な人生を送るために今できること ー m a k i m o n o

40代からの資産形成。仕事や子育て。猫。ハムスター。格安SIM、つみたてNISAなどなど。

【ジュニアNISA】廃止決定したからこそ開設するメリット!【投資初心者】

こんにちは、マキモノです。


お久しぶりでございます。
緊急事態宣言、GOTO停止になり、先週末に計画していた温泉カニ旅行はキャンセルすることになりました。。。
これから3年くらいは、海外はおろか国内旅行もまともに行けないんだろうなーと覚悟しています。


まあまあ奮発してカニ旅行を計画していたので、全額返金になりちょっと得した気分になっています。
(得してない)


もしかしてこの先数年出歩かけないなら、その余剰金を積み立てれば資産が増やせるのでは?
と思いましたが、私のNISA枠はいっぱいいっぱい。


夫は一旦はつみたてNISAに興味を持ったものの、なかなか重い腰を上げず。。。
あまり強く勧めるのはやめました。


そこでふと思い出したのがジュニアNISA


調べてみたら、令和2年の税制改正により、令和5年(2023年)末で制度が廃止されることが決まったんですね。
それでも今ジュニアNISAを活用しようという動きが活発らしいんです。

ジュニアNISA
ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

まずはジュニアNISAの概要はこちら↓
金融庁ホームページ
ジュニアNISAの概要 : 金融庁

「ジュニアNISA」とは、未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。
年間80万円分の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税の対象となります。
子ども名義の口座ですが、実際の運用は親権者等が代理で行います。
ジュニアNISAの大きな特徴としては、18歳になるまで(3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで)、原則として払出しができないことです。
18歳になるまでに払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座を解約することになります。
つまり、基本的には、高校3年生の1月以降にしかお金を引き出せないため、それ以前に掛かる費用にはジュニアNISAのお金が使えません。この点が"利用しづらい制度"という印象を多くの人に与えてしまったようです。
実際、一般NISA・つみたてNISAと比較しても、ジュニアNISAは活用されているとは言えない状況です。

口座数
一般NISA: 1,200万7,249口座
つみたてNISA: 244万3,717口座
ジュニアNISA: 38万3,073口座

口座における買付額
一般NISA: 19兆6,958億5,694万円
つみたてNISA: 4,577億5,666万円
ジュニアNISA: 2,070億3,595万円

※参考/金融庁「NISA・ジュニア NISA 口座の利用状況調査(2020年6月末時点)」

このような背景から、令和2年度税制改正でジュニアNISAは令和5年(2023年)末に制度が廃止されることが決定しました。

廃止予定のジュニアNISAを上手に活用する方法 | マイナビニュース


ふむふむなるほど。。。



廃止決定した今だからこそ加入するメリット

ジュニアNISAが廃止されることで、令和6年(2024年)以降はいつでも払出しができることになります。
つまり、「18歳まで引き出せない」という制度最大のデメリットがなくなることになるのです。
これから、制度が廃止されるまでの3年間、ジュニアNISAを活用すれば、最大240万円(3年間×80万円)までの投資で得られた運用益が非課税となります。

本来であれば課税される所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%の合計20.315%が非課税になるというのは、大きなメリットです。

「18歳まで引き出せない」という最大のデメリットがなくなったことで、メリットであるこの非課税枠を活用すべく、廃止決定後にジュニアNISAへ新たに加入される方もいらっしゃいます。


なるほどなるほど!
18歳まで引き出せないのがネックで利用してなかったけど、3年間なら我慢できそう!
3年間は引き出せないけどその後はいつでも引き出せるのなら、ちょうど子供が中1になっていることだしいろんな教育費に使えるかもしれない。


通常のつみたてNISAは年額40万までの非課税枠が、ジュニアNISAなら年額80万まで!
これはかなりのメリットでは?


で、早速申し込みしました!
善はいそげ〜


お金を増やすのはこのコロナ禍がチャンスかもしれませんね!


ではではマキモノでした。
マキモノのつみたてNISA・投資のあゆみ↓
www.makimonolife.com